REPORT ★「KoiGIG〜DEVIL×ANGEL〜 FlyingMarch」★
今回はレポートも2部構成!!写真も盛りだくさんでお届けします☆
夜の部の模様は↓からスタート!昼の部は【こちら】からご覧いただけます!



夜の部は「KoiGIG」イベントといえばこの服でお馴染みの衣装に着替えて、「BATTLE LOVE」の熱唱からスタート。
メンバー紹介のパートで小野さん、菅沼さん、羽多野さんがジャンプして登場する中、なんと遠近さんは前転をして登場。「森○子さんだって回るんですから・・・」とテンションの高さをアピール。

■ エロスに挑戦
スクリーンに例文が出され、最後の台詞部分をアドリブで埋めるというゲーム。
最初に出されたお題を回答したのは菅沼さん、遠近さん、大橋さん。
菅沼さんはいきなりのトップバッターのご指名に、うまいことが言えず、心が折れてしまった回答。
次の遠近さんはミックの歌をアカペラで歌うサービスを見せ、歌のサプライズに観客からは拍手が起こった。
大橋さんは「そんな寝起きの顔も好きだぜ」と朝チュン設定。恥ずかしさのためか、そそくさと花道から退散してしまった。
次のお題を回答したのは小野さん、羽多野さん、そして、リベンジの菅沼さん。
最初に答えた小野さんは、少しぶっきらぼうな口調の甘いセリフに会場からは悲鳴にも似た声があがった。
そして、羽多野さんのプロポーズ宣言にステージのメンバーからは「えー」の声。
それに対して「突然のプロポーズに憧れるんです」と熱く語る羽多野さん。そんな熱い思いに会場からは「ありー」の声が響いた。
再び登場の菅沼さんは優しさいっぱいの回答でこのコーナーを締めてくれた。

■ 俺リベンジ
1月の公開録音で企画された縄とび企画の第二弾。小野企画と称してまたも縄跳び大会が開かれた。今回は縄跳びを飛びながら「山手線ゲーム」をするというもの。負けた人には公開録音GIG恒例の罰ゲームが・・・。
1回戦の【遠近さんVS 羽多野さん】は遠近さんの勝利となり、2回戦の【小野さんVS 菅沼さん】は小野さんが無事、リベンジを果たした。
そして、罰ゲームの挑戦者を決める運命の3回戦は【菅沼さん VS 羽多野さん】
果たして、罰ゲームを受けたのは!?結果は3月14日配信のGIGらNight放送にて!!


■ ライブ
岸部親文役、大橋隆昌さんで「ゲイの誓い」

昼同様、人差し指を立ててキスをすると、会場からは「きゃー」という歓声。
サビの部分で大橋さんが手を右左に振るとステージ上の天魔も身体を横に揺らして演奏していた。

シュウ役、小野大輔さんで「Fly to the victory road」

曲の後には、ペンライトが本当にキレイで、感動しています。気持ちがよくてすごくふわふわしている、みんなが「大輔」と叫んでくれると「だいすき」に聞こえて「だいすけとだいすけ」が合わさる感じがしてとても嬉しい。そうだ俺がだいすけだ!と宣言。

トラ役、菅沼久義さんで「Love History」

手を振っただけで会場からは「きゃー」の声。みんなの声援がすごいよ!ペンライトの振りがすごく息ぴったりできれいだったよ。と菅沼さん。


ミック役、遠近孝一さんで「真夜中のデート」

「エロス」じゃないよーといいながら登場。
歌の後にはみんな大好き!と叫ぶ遠近さん。
いつから「エロス」と呼ばれるようになったのか分からないんだけど・・・とテレつつ話すと、会場に向かって「我こそはエロスだ!と思う人」と質問。たくさん手が挙がると「仲間がいっぱいいるじゃん」と嬉しそうに退場。

ラン役、羽多野渉さんで「Innocent」

眼鏡を掛けた姿で登場すると会場中がそのかっこよさに揺れるほど。実はギターのプヨさんの眼鏡だったらしく、プヨさんと目と目で挨拶する羽多野さん。
歌い終わると、前回は歌うのに必死で周りをよくみる余裕がなかったのですが、今回は皆さんの顔をよく見ることができて気持ちよかったです。とコメント。

再び、小野さんで「青白き月の呪い」

「ぐるぐるぐる」の歌詞に合わせてとにかく回る小野さん。
歌い終わった後には、「このLIVEの成功が僕の願いでした・・・あったかいものをみんなからもらって、大成功だなと思います。ここ(花道)に立つとムンムンするくらいの熱気を感じて、それがすごく好きです」とそのままFlying Marchはエンディングへ。

■ エンディング
素晴らしい演奏を聞かせてくれた「天魔」のメンバーを紹介しながら、イベントの感想を答えてくれました。

ケンさん@ドラム:「すごく楽しいライブができました」
プヨさん@ギター:3/3がお誕生日ということで小野さんの音頭で「HAPPY BIRTH DAY TO YOU」を合唱すると、「楽しかったです。ありがとうございます」と一言。
エッチャーさん@ベース:「今日は最高でした」
パスタさん@キーボード:挨拶の代わりに、某RPGのチョ○ボのテーマを演奏してくれました。
そして、大橋さん、菅沼さん、遠近さん、羽多野さん、ドンさん、小野さんと一人ずつ花道に歩み出ると、今日の感想を述べていきました。

途中、羽多野さんが感動のあまり言葉に詰まると、「俺の胸で泣くんだろう」とそっと抱きしめる遠近さん。他のメンバーからも暖かい言葉を受け、お客さんの中にも涙ぐむ方も。出演者たちの「KoiGIGという作品に参加してよかった。何よりもお客さんの声援が暖かく、とても力になった」という言葉にお客さんも感動に浸っている様子でした。
最後は出演者、バンドメンバーがみんなで手をとり「We Are DEVIL×ANGEL」の掛け声で幕を閉じました。

その後、鳴り止まぬアンコールの声で再び「BATTLE LOVE」を。
更にダブルアンコールでは「青白き月の呪い」をメンバー全員で熱唱した。


メンバーをはじめ会場全体が「飛んだ!笑った!感動した!!」そんなライブだった。
小野さんをはじめメンバーも言っていたように、イベントは終わるが、ゲーム自体終わりではない。
「DEVIL×ANGEL」という不滅の名の通り、再び復活してくれることを期待して「Flying March」は終幕した。


☆昼の部は【こちら】からご覧いただけます!
PROFILE
小野 大輔

所属:マウスプロモーション
生年月日:5月4日
出身地:高知県
特技:土佐弁

【代表作】
 KoiGIG〜DEVILXANGEL〜
                [シュウ]
 フルハウスキス[中泉隆行]
 涼宮ハルヒの憂鬱[古泉一樹]
                ...等多数

LINK
KoiGIG〜DEVIL×ANGEL〜 公式サイト マッコフ&たかまちゃの俺たちラブ届け隊♪